鍼灸師になりたい!独立開業したい!医療分野だけでなく、スポーツや美容・福祉など様々な分野で活躍したい!
でも、あなたが目指すのはどんな鍼灸師?当学で
スペシャリストを目指しませんか?

天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校

2018年4月に設立される『天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校』は『神戸東洋医療学院』が運営しています。

『神戸東洋医療学院』は兵庫県初のはり師きゅう師の養成施設であり、開学当初より中国の『天津中医薬大学』と教育提携を結び研修旅行や特別講座を始め、多くの学術交流をおこなってきました。

今日の代替医療の広がりを踏まえ、臨床力の高い、応用力のある鍼灸をベースとした医療人材を育てるため、世界基準となる中医学を中心とした中国の鍼灸教育課程と日本独自の発展を遂げた日本鍼灸を同時に学ぶことの出来る、全く新しい発想の日本唯一の学校です。

中国本校の『天津中医薬大学』

天津中医薬大学

天津中医薬大学は中国天津市に位置し、1958年に設立した中国最高の中医薬高等教育機関のひとつで、多学科が共存し、教育と研究を両立させ成長を果たし、その業績で世界一流の学科建設大学と中国政府に認定されています。

卒業病院実習では附属病院において豊富な臨床経験を積むことが出来ます。

また、2018年には東京ドーム37個分に相当する新校区に移転し、世界最大の国際中医薬教育基地として更なる発展が期待されています。


神戸東洋医療学院 理事長 石橋 尚久

神戸東洋医療学院 理事長 学院長 石橋 尚久

鍼灸医学は世界各国に広がっており、西洋医学を補完する医学としてその地位は年々高まっています。

そこで当学は「天津中医薬大学 鍼灸推拿学院神戸校」を設立し、日本の鍼灸教育と、中国の伝統的な鍼灸術や手技療法(推拿術)を含めた中国の伝統医学を同時に継承する「併修コース」を誕生させました。

世界でも有名な天津中医薬大学の附属病院で鍼灸実習を行うことで、より臨床力を高めることが出来ます。多くの方々に鍼灸医学の恩恵が広がることを期待しております。


天津中医薬大学 学長(校長)張 伯礼

院士
天津中医薬大学 校長(学長)張 伯礼

天津中医薬大学と神戸東洋医療学院は長年にわたり中日伝統医薬領域の交流を深めてきました。

新たに誕生する『天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校』から新しい教育協力の形が生まれ、日本での中医薬教育を推進、または中医学の知識が民衆の健康に新たに貢献していくことを確信しています。

あなたが鍼灸のスペシャリストになるための唯一の方法天津中医薬大学 神戸校をオススメする3つの理由

  • 併修コースとは

    天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校神戸東洋医療学院 鍼灸コースのカリキュラムを学習しながら、中国の定める世界基準の鍼灸推拿学短期大学教育課程の修了と日本の鍼灸国家資格取得の為のカリキュラムを同時に履修するコース。

    はり師・きゅう師(鍼灸師)国家資格取得と『鍼灸推拿学準学士』の取得を目指します。

  • 1日本で唯一!中国最高峰の中医学教育課程を外国(日本) で学ぶ!

    世界基準となる中医学を中心とした中国の鍼灸教育課程と日本独自の発展を遂げた日本鍼灸のカリキュラムを同時に学ぶコースが2018年4月に神戸で誕生します。日本で唯一、世界基準に則った中医学教育カリキュラムが学べます。

    中医基礎科目

    中医学を形作る理論を習得し、経絡や腧穴(ツボ)、湯薬(漢方)などを学び、診察法や診断法を習得し、また、鍼灸における基礎的な配穴を学び治療の初歩を学びます。

    中医基礎理論・経絡腧穴学・中薬学・方剤学・中医診断学・鍼灸処方学

    中医臨床系科目

    基礎を踏まえ、疾病をとらえ、治療の方法を「鍼灸」「湯薬」「推拿」の3方向から学びます。いよいよ、治療の初歩がマスターでき3年次の臨床実習における実践練習への足がかりとなります。

    中医鍼灸学・中医内科学・中医推拿学

    中医臨床応用系科目

    オーソドックスな疾病に対する治療学をもとに、現代のニーズに併せたより幅広い対応力をつけるため、当学オリジナルの各科を設けています。

    女性鍼灸学(中医婦人科学)、中医小児科学、中医外科学、高齢者鍼灸学、スポーツ鍼灸学

    中医実技系科目

    中国での卒業病院実習を目指し、1年次より中国鍼灸の手技を練習していきます。また、中国より講師を迎える短期集中講座も1・2年次にあります。卒業病院実習では、鍼灸科はもちろん、推拿科、内科での3カ月半に及ぶ病院での実習となります。病院外来はもとより、入院病棟での実習は様々な患者と向き合える機会となり掛け替えのない経験となるでしょう。

    中国最高峰の中医学高等教育機関だから、世界基準の中医学が身につく!!

  • 2鍼灸コースの5倍以上! 960時間に及ぶ臨床実習時間で実践力を磨く

    実技・臨床実習の充実!

    卒業後、鍼灸師と呼ばれる「はり師」「きゅう師」の資格を得ると、開業権もあり即戦力として医療現場に向わなければなりません。如何に学生時代の3年間で技術や能力を習得しているかがポイントです。

    多くの先生に教えていただく、また、患者を前に学べる機会は多ければ多いほど卒業後有利になります。併修コースではまず日本における通常の臨床実習において、一般的な教育課程の倍以上に当たる400時間、日本鍼灸をタップリ学べます。また、中国に場所を変え560時間の病院実習です。

    臨床実習時間だけでも合わせて960時間。これは通常の鍼灸課程の約5倍以上になります。その他にも、470時間の実技時間があり基礎力・実践力を磨きます。

    一般的な鍼灸師養成コース天津中医薬大学 神戸校
    併修コース
    実習時間臨床実習時間
    180時間
    960時間
    (日本で400時間、中国で560時間)
    5倍以上!
    臨床通院患者がメイン通院患者

    入院患者や内科疾患を含めた病院外来
    学習できること一般的鍼灸治療一般的鍼灸治療

    漢方、推拿
    取得できる資格はり師きゅう師国家資格はり師きゅう師国家資格

    鍼灸推拿学準学士(短期大学学士 相当)

    だから、あなたもワンランク上の技術を身につけた鍼灸師になれる!!

  • 3本場中国で病院実習や解剖実習を学ぶ!

    日本のみならず、中国の天津中医薬大学本校での実習で世界基準の中医学を身につけます。
    また実習の中には解剖実習もあり、日本では出来ない経験を積むことができます。
    鍼灸師の国家試験終了後、天津中医薬大学附属病院での卒業病院実習を取り入れています。

    世界でも有名な天津中医薬大学の附属病院で鍼灸実習を中心とし、本場の漢方や推拿の実習を行うことで、世界基準の中医学の学習環境を整えました。

    だから、鍼灸・推拿・漢方に精通した中医学のスペシャリストになれる!!

  • 私自身、中国で中医学を学びました

    神戸東洋医療学院 中医研究会 代表 福家 慎太郎

    神戸東洋医療学院 講師
    天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校 准教授
    福家 慎太郎

    私自身中国で中医学を学びました。そして、帰国してから日本で日本鍼灸を学びました。実に多くの時間を勉強に充てざるを得ませんでした。

    そして今、この『天津中医薬大学 鍼灸推拿科 神戸校』が新設されたことで、短時間でロスなくとても多くのことを学べる環境が整いました。先駆者として実に感無量です。

    一つ上の鍼灸師を目指す皆さん、是非一度当校にお越しください。色々な経験を皆さんに伝えていきたいです。


    天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校では、様々な支援制度をご利用いただけます。

    公的な支援制度
    • 日本学生支援機構の第二種奨学金(海外)
    • 教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)
    • 高等職業訓練促進給付金等事業
    • 学生割引制度(通学費助成制度)
    • ※ 2018年4月申請予定
    独自の支援制度
    • 特待入試制度(高校生、大学生、社会人対象)
    • 女性応援制度(転職または再就職応援制度、子育て応援制度)
    • 特別奨学制度(成績優秀者数名を模範生と認定し3年次納入金の半額を給付)

卒業までの流れ

1あなたのための個別相談

まずは、個別相談。「天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校」で学べる授業や学費、制度など個別にお答えいたします。

2入学

2018年4月
毎年4月に入学式を行います。ここから3年6ヵ月の学校生活のスタートです。

31年次

中医学と現代医学の基礎を学び人体の基本的な理解を深めます。

42年次

医療に関する知識を深め、実習を通して応用的な技術を磨き、医療の幅を広げます。

53年次

国家試験に向けた学習、そして臨床実習を通し鍼灸師としてスタートする為の臨床技術を習得し実践力を高めます。

6国家試験

2021年2月末
当学は、はり師きゅう師国家資格取得数県内No.1です!当学独自の試験対策で培った実力を存分に発揮してください。

7中国での卒業病院実習

2021年3月
日本での知識、技術の習得が終わると中国の天津中医薬大学本校にて約3ヶ月半に及ぶ卒業病院実習があり、中医学の集中学習が行われます。

8学士を取得

2021年7月末
天津中医薬大学 卒業、「鍼灸推拿学準学士」取得。鍼灸・推拿・漢方に精通した中医学のスペシャリストを目指しましょう!

留学生の声!

よくあるご質問

授業時間は何時から何時ですか?
月曜日から金曜日までの10:30から16:10です。午前授業(10:30~12:00)を受けた後、午後から「神戸東洋医療学院 鍼灸コース」の昼間部の授業(13:00~16:10)を受講します。
定員は何名ですか?
「神戸東洋医療学院 鍼灸コース」の昼間部と併せて23名です。昼間部の定員が埋まってしまった場合は募集を停止いたしますのでお早めにご検討ください。
入学金・授業料はどれくらいですか?
「神戸東洋医療学院 鍼灸コース」の学費に追加で入学金10万円、1・2年次30万円、3年次50万円の合計120万円です。詳しくは当学ホームページまたは個別相談にてお訪ねください。
学費の免除や支援制度はありますか?
「神戸東洋医療学院 鍼灸コース」で適用される様々な支援制度は、併修コースでも適用されます。(各種特待制度、女性応援制度、専門実践教育訓練給付金など)詳しくは当学ホームページまたは個別相談にてお訪ねください。
日本学生支援機構での奨学金、学割は使えますか?
2018年4月開校後に外国大学日本校指定への申請を予定しておりますので、指定後は独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)の第二種奨学金(海外)や公的な学生割引制度などの制度を使うことが可能です。
※指定前は神戸東洋医療学院鍼灸コースの助成制度に準じます。
中国語ができませんが、留学できますか?
1、2年生の中国への短期研修では、語学は問いません。3年の卒業病院実習までには、HSK3級を取得していただく必要がありますが、1・2・3年生で中国語の授業があり、「病院会話」も学習します。また、同法人には中国語教育の専門機関がありますので語学面もしっかりサポートいたします。ご安心ください。
留学中が不安です。サポートがありますか?
現地に日本語・中国語のできるサポートスタッフ(当学卒業生)がおります。留学準備や留学後の生活までご相談窓口としてサポートいたしますのでご安心ください。
現在、遠方に住んでいて住居を移ることを検討しています。サポートがありますか?
学生マンションや賃貸物件を扱っております仲介会社をご紹介させていただくことが出来ますので、お気軽にご相談ください。
詳しく話しを聞きたいのですが?
平日(10:00~20:00)個別相談を承っております。個別相談では、授業・施設見学も含め、お時間、ご都合とご要望に合わせて個別に対応をさせていただきますので、ぜひお気軽にお申し込みください。
※土日につきましては、イベント開催時に併せて個別相談を行っておりますのでお問い合わせください。

豆情報!

現在日本と中国の友好都市は300組を超えています。その中でも神戸市と天津市は初めて結ばれた日中間の友好都市です。
その関係で神戸市にはパンダがいますし、中華街もあります。そして、神戸東洋医療学院と天津中医薬大学も結ばれました。

アクセス

天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校
  • 〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1センタープラザ13・14階
    TEL 078-333-1557
  • JR・阪急・阪神・地下鉄・ポートライナー、「各線三宮駅」より徒歩5分以内