中医学弁証論治の考えを持っている鍼灸師を目指しましょう。
曾 麗蓉 先生
曾 麗蓉 先生 
天津中医薬大学 中西医結合臨床専攻 博士学位取得
主な担当科目:中医内科学、中国鍼灸手技Ⅰ
中医学対外日本語の専攻で、大学時代から日本短期研修団体の臨床見学の通訳を担当していました。 中医学が大好きなので、日本語で中医学に関わる文化知識を広め伝えたいと思っています。 特に中医学の特色的な考え方である弁証論治は、その考えをきちんと身につけて臨床現場で活かしていくことで、将来鍼灸師となる皆さんは、大いに力を発揮できることになるでしょう。 このような鍼灸師を目指して一緒に勉強しましょう!
前のページにもどる