気功の修得で、経絡学や運動学の理解度が深まり、さらに生理学の関連性に結びつけます。 
楊 震傑 先生
楊 震傑 先生 
明治東洋医学院専門学校 鍼灸学科 卒業
主な担当科目:太極拳・気功学
ことわざに「病は気から」とあります。年齢を重ねるにつれ、どこかおかしいと感じたときに「もしかしたら重病かもしれない。」と思ってしまうと、もうそこから病気の始まりになってしまいます。健康を維持する予防医学は、何よりも精神の安定が求められるのです。 気功は誰でも手軽にできます。自分の体力に合わせてできるので、病気を予防する体操としては最適です。自分の体を自分で知り、守っていく自然治癒力を高めることが大事であると考えます。
前のページにもどる